スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホノルルマラソンゴールまでの豆知識~事前編~

ホノルルマラソンから今日で1か月が経ちました。
今年のエントリーの案内がもう送られてきましたよ。
ぞぞぞー。

ホノルルマラソンレポート⇒★は、完結しました。

今後、ホノルルマラソンに挑戦してみよう!と思った方、
初心者の方に私達が経験したことで笑顔で完走するために
オススメ出来ることをお伝えしようと思います。
なんとしてでも走るぞ!ガチで記録を狙うぞ!っていう方には、
通用しないかもしれません^^;
悪しからず・・・。
では、Q&A方式で参りましょう!

Q.1 トレーニングはどうしたの?
まずは、歩くことから始めました。
それから、『歩く→走る→歩く→走る』
徐々に距離を伸ばし、速度もつけていく。
とは言え、もともとの基礎体力の違いもあるので、
キロ数、速度などは「無理のないように、でもちょっとがんばって」
としかいいようがありません。
私達は、最高で距離約12キロを時速6.5キロで走って、
本番に臨んだのであります。
(フルマラソン経験者には、無謀!後半、かなりバテると指摘される)
時速6.5キロは、ぺちゃくちゃしゃべりながら走れる速さです。
ラン合宿は、2回やったけ。
皇居ラン⇒★
外苑前ラン⇒★
川崎ナイトマラソンで5キロを38分で完走。

風が強くて髪ぐちゃぐちゃー。
いずれも楽しかった思い出♪
あとは、個々人で1時間半ぐらいのランを月に数回はやってましたよ。

Q.2 シューズの購入は?
日比谷にあるショップで購入しました。

ランニングステーションも併設。アートスポーツ日比谷店⇒★
足型を測ってくれることも可能。
私達は、しませんでしたけど。
前年ホノルルマラソン経験者の店員さんがいて親切に教えてくれました。
シューズは、しっかり固定してくれるものが良いようです。
少しの緩みは長い距離を走る時は、
不安定でいろんなところに負荷がかかるのでしょう。

Q.3 他に用意したものは?
・帽子・ウェストバック・レギンス・靴下(5本指で薄手タイプ)
・日よけ用のアームカバー(紀平のみ)
・レース当日用に高エネルギー補給食6~7個⇒★
1時間に1個食べる計算。濃厚すぎました。
水が欲しくなってしまう。
・レース当日用にグミ。
これは、実によかったです。
6時間7時間かけてゴールを目指すには高エネルギー補給食より
がぜん、グミがいいですよ。
・レース直前用に炭水化物=非常食用おむすび、おもち⇒★

非常食用だけど、実に美味しいことがわかりました。
日本の技術ってスゴイ☆ってことをハワイで改めて感じました♪

Q.4 食事で気を付けることは?
レース10日前~6日前までは、
たんぱく質を多めに摂取。鶏肉、まぐろなど。

レース5日前~当日までは、
カーボローディングが必要。
カーボローディングとは、
マラソンを走るために必要なエネルギーを事前にため込むことを
いう。カーボは、炭水化物のこと。
ごはん、うどん、パスタ、パンを普段の倍以上を目安に食べるようにしましょう。


ハワイ、ワイキキのクヒオ通りにあるうどん屋「丸亀製麺」は、レース前日、長蛇の列!
みんな考えることは一緒なのね~。
待つ時間よりも早めに休む時間をとりたい私たちは、うろちょろして、
「リンガーハット」の長崎ちゃんぽん⇒★を見つけて入ることに。
油っぽいものやお肉を食べると消化に時間もエネルギーもとられてしまうので、
それらの摂取は、控えめに。

Q.5ハワイに着いてトレーニングはしたの?
天海さん、紀平ともに走ることは、しませんでした。
ツアーで来ている日本人グループは、しっかりしていたようですが・・・。
ただ、レース前日、天海さんは、
1時間半かけてワイキキ~ダイヤモンドヘッドまで歩いて登頂してます!(スゴイ)⇒★
この歩きの差でレース当日のダメージも違ったかと思われます。
走ることは、しなくとも数キロは歩いた方がいいです。
関連記事
プロフィール

レインボープロジェクト

Author:レインボープロジェクト
あなたをより健康で美しく元気にする講座やWS、イベント開催中!
心と身体のプロフェッショナルグループです☆

Twitterボタン

Twitter ID: RainbowPJT

メンバー紹介☆
Rainbow♪Project
コアメンバー
カテゴリ
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。