スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二人三脚でホノルルマラソンをゴールした話③

前回までの道のり⇒★
*****  *****
魔の35キロを過ぎ、
次は、最後の難関2.5キロに渡って続くダイヤモンドヘッドの上り坂。

行きに通った道を戻ることになります。
「いやぁ~、ここ朝、通ったんだね~。」と感慨深くなりながら、
水と氷と冷たいスポンジを片手に進みます。
ずいぶん、この3つには助けられました。

「海、キレイだね~。」
ゴールまでの距離の方が短くなってきているので、
少しほっとし始めていました。

ゴールがあるピオラニ公園に入ってからゴールまでの直線距離が800メートル。
そこはとにかく走りたいという気持ちが
ふたりにはあって、共通意識。
じゃあ、41キロからゴールまで再び走ろう!
だけど、41キロから走ってゴールは、わたしは、厳しかった。
左の股関節が痛い・・・。
ストレッチしようにも支えようとする力がなくて、ふらつく。
IMAG1287.jpg

「42キロから走ろう」
それに天海さんが同意してくれて、
結局、42キロからゴールまで走り続けることになりました。
ゴールのあるカピオラニ公園。
PC087313.jpg
(この写真のみ当日撮影したものではありません)

脚がもうどうなっているのかわからなかったけど、
すでに走り終わった人達からの声援に元気をもらい、
無我夢中で走りました。

「あと少しあと少し」
そう思うと涙が出そうになりました。
なんて言っていいのでしょうか、あの感情は。
一緒にゴールできる喜び、嬉しさ、達成感、感動、もう終わってしまう寂しさ。
そういったものが入り混じりました。

そして一緒にゴール!!
ふたりでハイタッチして喜び、
お互いの頑張りを称えあいました。



完走Tシャツをもらって、ホテルのプールでパチリ。
無事です。

***** *****
今年1月にふたりでホノルルマラソンに挑戦しよう!と決めてから、
お互いそれぞれトレーニングしたり、
一緒にランニング合宿をしたりしてそれなりに準備してきました。
ふたりとも走ることが好きじゃないし、
得意でもないのに挑戦しました。

最初の頃は、電信柱と電信柱の間を走って、もう無理。というレベルでした。
でも、地道にやっているとそれが、
3キロ、5キロ、10キロと走れるようになってきました。
そして、最終的には42.195キロ。

目標もって準備して、支えあってやり切れたのは、
これからの人生において、とても意味のあるものとなりました。
こんな私達でも出来たんだっていうことをお伝え出来たらと思います。

応援して下さったみなみなさま、本当にありがとうございました!
心から感謝しています。

同じくレインボープロジェクトのメンバー、
望月知美さんは、私達の出発日に応援ブログを書いてくれていました。
こちらです⇒★
ありがとう!

ひとりでは達成できなかったことが、
ふたり、3人・・・何人ものの方々の支えによって
達成できることを身体で感じることが出来ました。

関連記事
プロフィール

レインボープロジェクト

Author:レインボープロジェクト
あなたをより健康で美しく元気にする講座やWS、イベント開催中!
心と身体のプロフェッショナルグループです☆

Twitterボタン

Twitter ID: RainbowPJT

メンバー紹介☆
Rainbow♪Project
コアメンバー
カテゴリ
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。