スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二人三脚でホノルルマラソンをゴールした話②

練習で12キロぐらい走ったのが最高だった私達。
ハーフを過ぎ、すでに未知の領域に入ってます。
ここまでのレポートは、こちら⇒★

*****  *****
目標ゴールタイムがおそらく4時間ぐらいの人達が
折り返してきています。
そんな人達を反対車線で見ながら、
ハイウェイをひたすら走り続けます。
上半身裸の男どもが集団でいたのも見ものでしたね。

「まだかなーまだかなー。」
「まだだね~。」

会話は、少なく必要なことだけを話すようになっていました。
「次の水のところでかばんのストラップ調整したい。」とか
「もうすぐ、23キロ。」とか
「エネルギーチャージ用のゼリー食べる。」とか。

ハイウェイがようやく終わり、ハワイカイドライブへ突入です。
折り返しポイント26キロ付近へもうすぐ。
暑さと疲れは、感じるもののふたりともまだ大丈夫だね、
ゴールは狙えそうだと確信していました。
2012ホノルルマラソン☆

身体を整え、

またさっき通ったハイウェイへ戻ります。。。



ほぼ歩く時間の方が長くなっていました。
あそこの信号から走ろうって決めて走りだすけど、
長い距離は、もたない。
ストレッチしようにも伸ばし方があれ?どうやるんだっけ?というぐらい
足の位置が定まりません。
この頃、わたしの方がダメージを受けていました。

物を落とした時、ふたりで拾おうと思っても、
しゃ、しゃ、しゃがめない・・・。

そして、どこがつらいんだか、つらくないんだかわからなくなるもんなんですね。
足もむくむし、手もむくみだしてます。
暑いし。
それでもひたすら前に歩を進めれば、進むもので、
35キロを過ぎました。

35キロ付近がつらくなる。
確かに言われている通りだと感じましたけど、
でも、ふたりで「35キロ~!!」って言いながら、
進みました。
こうやって励ましあえたのは、ものすごくパワーになりました。

引き続き、ひたすらゴールを目指します。
***** *****
関連記事
プロフィール

レインボープロジェクト

Author:レインボープロジェクト
あなたをより健康で美しく元気にする講座やWS、イベント開催中!
心と身体のプロフェッショナルグループです☆

Twitterボタン

Twitter ID: RainbowPJT

メンバー紹介☆
Rainbow♪Project
コアメンバー
カテゴリ
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。