スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年☆初ミーティング

こんにちは。
紀平香奈子です。

土曜日に雪が降ってから、ずーっと寒い日が続いていますね。
いかがお過ごしですか。
雪かきで腰を痛めたりしていませんか。

私達、レインボープロジェクトのメンバー3人は、
寒さに負けずに元気にそれぞれの持ち場でがんばっております。

メンバーのひとり、ともみん(望月知美)が天中殺明けということで、
『天中殺明けおめ会兼2014年初ミーティング』をしてまいりました。
天中殺という時期は、どういうものか、はっきりと私はわかりません。
どうやら新たに事を始めない方がいいぐらいの認識です^^;
この辺は、たまき(天海玉紀)に聞いて下さい。
詳しくわかりやすく、解説してくれます♪
*2年前にたまきが書いたともみんプロフィール欄に
天中殺のこと載ってます⇒★

ともみんが新たに事をはじめてもいい時期になったので、
今年は、いろいろ動きだすかもしれませんねー。
笑いもあり、そして、気合いも入った初ミーティングでした♪

そうそう、ミーティングは、おいしい食べ物が絶対に外せない!(特にわたしは)
たまきオススメの中野にある、
焼き鳥屋さんの「ももや」に行ってきました。

お肉、バンザイ!
お肉の良さについてともみんの記事⇒★


2014年もレインボープロジェクトの活動をお楽しみに♪
スポンサーサイト

今年を振り返って

あと1日で2013年も終わりますね。
久しぶりの登場。
紀平香奈子です。

12月中旬に今年を振り返っていたところ、
4月に藤井まほさん⇒★(雑誌VOGUEに占いの記事を書いていらっしゃいます!)
と一緒にやらせてもらったワークショップ⇒★のことを思い出しました。
そして、そこで教えて頂いたチーズクラッカーを再び、作ってみました。
オーブンを使うから、寒い季節にはぴったりですし^^
fc2_2013-12-30_23-56-19-122.jpg
今回もしっかり出来上がりました♪
身近な人に配ったら、
「おいしい!おいしい!レシピ教えて下さい」
「1つ食べたら、とまらない」
「お酒が飲みたくなる」などと感想をもらいました。

来年にでもまたまほさんにお願いして食のワークショップを
開催したいなーと思っています。

そんな来年のことを思っていたら、
天海玉紀さんがお楽しみの鑑定を⇒★企画していたので、
明日は、アドバイスを受けに行ってきまーす。

みなさま、どうぞよいお年をお迎えください。
来年も笑顔たくさんの年となりますように☆

ダブルレインボー!

こんにちは。
紀平香奈子です。

ある日の朝。西の空にダブルレインボー!美しいー!

みなさんは、虹を見るとどんな感想をお持ちになりますか?
わたしは、単純に「うわぁ。いいこと、起きそう!」と思います。
ダブルレインボーだとなおさら。滅多にみられないですからね~。

そんな風に感じるわたくし、
10/29(火)10:00~12:00
『売上をあげる!印象力アップ塾』⇒★
の開催を予定しています。
印象について学んで、知って、実践して、
「いいこと、起こしていきましょう!」
ご参加、お待ちしています♪

望月ともみんによるイラスト!

こんばんは。
紀平香奈子です。

私が個人でやっている笑いヨガなどの仕事があります。
その案内にイラストを載せたいと思い、
レインボープロジェクトの仲間で
デザイナー鍼灸師の望月知美(ともみん)にお願いしました。

元々、何でも率なくこなすともみん。
昨年のレインボープロジェクト主催のイベントでイラストの技術を目の当りにし、
その技術と仕事の正確さに惚れ、依頼しました。

要望にきちんと応えてくれて、出来上がったイラストは、こちら。
16万歳JPG再送
すごいよなー☆こういうことも出来ちゃうなんてしみじみと思う...。
他にもいろんな顔のイラストを作ってくれました。
そのうち、こちらのブログでも登場するかと思います。

ちなみにこちらのTシャツの犬のモデルは、この子です。

『食』に関するワークショップ開催予定

こんにちは。
紀平香奈子です。

みなさま、いかがお過ごしですか。

今、密かに話を進めている楽し、美味しい、ためになるワークショップのご案内です。
日時や詳細は決定次第、発表いたします。
ゲスト講師をお迎えして、「食」を楽しむワークショップを開催予定です。

先日、その打ち合わせに行ってまいりました。
新宿にある菜食主義のお店「AIN SOPH.JOURNEY アインソフ ジャーニー」さん⇒★

グリーンカレーにハヤシライス。
動物性のものを一切使っていないお料理です。
グリーンカレーにのっているチーズみたいなものが豆乳だったり、
ハヤシライスは、きのこたっぷりのトマト味でした。
食べにくいだろうなと勝手に想像していましたが、
全くそんなことはなく、とても美味しかったです。
あ、わたしは、ベジタリアンでもヴィーガンでもありません。
お肉大好き!!疲れると特に食べたくなります♪



デザートもあり。
豆乳を使ったケーキと紅茶。
お店の方が丁寧にメニューを説明してくれたのに忘れてしまいました。
ごめんなさい。
特別な紅茶らしいです^^;


お店の中もキレイで居心地がよかったです。

インテリアもなかなか。
ガラスの破片の照明だったり、素朴な顔の子がいたり。

そして、ガラスの照明を撮る今回、依頼したゲスト講師の方。
文筆も占いもされ、お料理もバスソルトも作られる実に多彩な方です。

ワークショップのご案内は、しばしお待ち下さいませ。
お楽しみに!!

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体

2/3(日)13:00~『闘病経験を語る会』でプチ笑いヨガ!

みなさま、こんにちは。
紀平香奈子です。
寒い日が続きますねー。
明日も雪予報ですしね。
体調を崩している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ノロウィルスによる感染は、落ち着いていますが、
インフルエンザの感染が本格化し始めていますね。
手洗い、うがいを徹底してインフルエンザウィルスに好かれないようにしましょう!

きちんと感染予防の対策をしたものの、
かかる時は、かかってしまう。
そんなものです。
私も去年は、人生初のインフルエンザにかかりましたし。
それが、いわゆる高熱にうなされるワケではなく、
念のために受けた検査で陽性反応が出ました。
最近は、高熱が出ないインフルエンザもあるとか。

インフルエンザ以外の病気でも
気を付けていてもかかってしまうことは、誰しもあります。
病気を経験された方同士しかわからないことは、
多いはずです。
話してスッキリ、情報を交換してもよし、気分転換もよし、
そんな会が知人のメッシーさん主催で開催されます。
『闘病経験を語る会』詳しくはこちら⇒★
そこにゲストとして呼んで頂いています。
テーマは、『笑顔』(!)だそうで、
プチ笑いヨガをやる予定です。

ご興味ある方、ご質問は、こちらまで⇒★
お気軽にお問合せ下さい。

ホノルルマラソンゴールまでの豆知識~直前、当日編~

前回⇒★に引き続き、ホノルルマラソン豆知識をお知らせします。

Q1.マラソン前日から当日までのスケジュールは?
スタートが午前5時。
4時半までにはスタート地点には、いた方がいいという情報があり、逆算。
18時前に食事を終える。日本でおなじみ「リンガーハット」の長崎ちゃんぽん。
20時~21時就寝。
2時起床。準備開始。テーピングやら、シューズにタイムキーパーを接着する。
食事摂取。非常食用のおむすび、それに現地で調達したバナナ。

Q2.スタート地点まではどうやって行くの?
スタート地点は、アラモアナパーク。
宿泊ホテルの場所にもよります。
ワイキキの西側のホテルの人は、歩き。
東側のホテルの人は、バスがオススメ。

ウォーミングアップに1時間ぐらい歩くか、それともバス?
バスっていっても乗り切れるのか・・・迷いました。
「こんな時こそ占いだ!」ってことで、
バスか歩きかを天海さんにタロットで占ってもらいました。
2度引いてどちらもバスで行こうとのこと!
そしたら、その通り☆
バスは、バンバン来ていたので、乗り切れるかどうかの心配は無用でした。
役立つね、占い♪

Q3.格好は?
ハワイの12月は、冬。
日中は、25~26度になるとは言え、
午前5時は、肌寒い。
防寒対策をしないと、身体が冷えて怪我の元になります。
そこで、私達は、100円ショップで購入したレインコートを防寒着としました。


暑くなったら、近くのゴミ箱などに捨てることが可能。
慈善団体が処理をしてくれます。
レインコートの下は、夏用の格好で。

Q4.持ち物は?
付随品としては、帽子、サングラス、首に巻くタオル、ウェストバッグ。
ウェストバッグには、高エネルギー補給食6~7個・グミ・塩飴・
日焼け止め・ミニタオル・携帯電話。
高エネルギー補給食は、3個余る。
エイドステーションでも配ってるところがありましたし、
持って行く量は、少なくてもよかったかな。
味が濃厚で飲んだ後は、水が欲しくなったり、
胃のむかつきが起こったり。

Q5.スタート前にすることは?
ストレッチ・身体を冷やさないようにうろちょろ歩く。
記念撮影なんかも(笑)
目標タイムごとに並ぶのですが、
あまりバカ正直に並ぶとスタートに時間がかかります。


Q6.トイレは?
トイレは、混むところとそうでもないところがあることを発見。
行きたくなるタイミングは、同じなのね。
スタート地点、10キロ過ぎダイヤモンドヘッド手前、
カピオラニ公園のトイレは大混雑。
スタート前にホテルで済ませるのは、必須。
スタート後、9キロ付近でトイレを済ませることがオススメ。
ホテルが立ち並ぶのでそこを利用するのがいい。
事前に場所を把握しているのがベスト。
私達は、たまたま前日に行ったハイアットホテルのトイレが
コースから近いところにあったので、そこへ。
あとは、ハイウェイを抜けて、ハワイカイの一番最初にあるトイレも混雑。
そのあとにあるトイレは、比較的すいています。
私達は、救護テントの奥にポツンとあるトイレを見つけてそこへ。
ラッキーなことに誰一人並んでいませんでした。
トイレットペーパーの心配は、無用。
スタート地点でもそれはアナウンスされていました。

Q7.レース中、気を付けたことは?
最初から飛ばさない! (42.195キロは長いので体力は、溜めておく。)
坂になったら、即歩く! (登りも下りも。)
喉が渇いたという実感の前に水を飲む!
エイドステーションには、ゲータレードもあったけど、
甘そうでかえって喉が渇くと判断。)
楽しむ! (ポイントポイントで写真を撮り、気分転換。)
冷やす! (痛くなった箇所や熱中症予防のため、首などに
エイドステーションにある氷や冷たいスポンジを当てる。)

Q8.レース後の身体のケアなどについては?
ゴールしてすぐ靴を脱いで過ごせるようにビーチサンダルを
ゴール会場の荷物預り所に預けておく方ことをオススメ。

レース前日に預けられます。
レース後、身体を冷やす=アイシングするかしないかで、
その後の回復に差が出てくるので、早めにアイシングを!
私達は、海に入り、15分ぐらいアイシング。
実際は、ゴールして気分も上がっているし、
浮力があって身体が軽いので、
ワイキキのビーチをきゃっほきゃっほ言いながら、
遊んでいたような気が・・・。

内臓も疲れているので、
ここでまた日本ブランドに頼ります。
キングスビレッジにある「王将」でラーメンとチーズ餃子を食しました。
そして、寝る前もう一度、水風呂に入ってアイシング。
このアイシングがよかったのか、
翌日は、思ったほどの筋肉痛ではなくてすみました☆

2編に渡り、ホノルルマラソン豆知識をお送りしましたが、
これで終了です。
この情報が少しでもみなさんのお役に立ちますように。
そして、笑顔でゴール出来ますように願います。
ホノルルマラソン2013年は、12月8日(日)です!!

ホノルルマラソンゴールまでの豆知識~事前編~

ホノルルマラソンから今日で1か月が経ちました。
今年のエントリーの案内がもう送られてきましたよ。
ぞぞぞー。

ホノルルマラソンレポート⇒★は、完結しました。

今後、ホノルルマラソンに挑戦してみよう!と思った方、
初心者の方に私達が経験したことで笑顔で完走するために
オススメ出来ることをお伝えしようと思います。
なんとしてでも走るぞ!ガチで記録を狙うぞ!っていう方には、
通用しないかもしれません^^;
悪しからず・・・。
では、Q&A方式で参りましょう!

Q.1 トレーニングはどうしたの?
まずは、歩くことから始めました。
それから、『歩く→走る→歩く→走る』
徐々に距離を伸ばし、速度もつけていく。
とは言え、もともとの基礎体力の違いもあるので、
キロ数、速度などは「無理のないように、でもちょっとがんばって」
としかいいようがありません。
私達は、最高で距離約12キロを時速6.5キロで走って、
本番に臨んだのであります。
(フルマラソン経験者には、無謀!後半、かなりバテると指摘される)
時速6.5キロは、ぺちゃくちゃしゃべりながら走れる速さです。
ラン合宿は、2回やったけ。
皇居ラン⇒★
外苑前ラン⇒★
川崎ナイトマラソンで5キロを38分で完走。

風が強くて髪ぐちゃぐちゃー。
いずれも楽しかった思い出♪
あとは、個々人で1時間半ぐらいのランを月に数回はやってましたよ。

Q.2 シューズの購入は?
日比谷にあるショップで購入しました。

ランニングステーションも併設。アートスポーツ日比谷店⇒★
足型を測ってくれることも可能。
私達は、しませんでしたけど。
前年ホノルルマラソン経験者の店員さんがいて親切に教えてくれました。
シューズは、しっかり固定してくれるものが良いようです。
少しの緩みは長い距離を走る時は、
不安定でいろんなところに負荷がかかるのでしょう。

Q.3 他に用意したものは?
・帽子・ウェストバック・レギンス・靴下(5本指で薄手タイプ)
・日よけ用のアームカバー(紀平のみ)
・レース当日用に高エネルギー補給食6~7個⇒★
1時間に1個食べる計算。濃厚すぎました。
水が欲しくなってしまう。
・レース当日用にグミ。
これは、実によかったです。
6時間7時間かけてゴールを目指すには高エネルギー補給食より
がぜん、グミがいいですよ。
・レース直前用に炭水化物=非常食用おむすび、おもち⇒★

非常食用だけど、実に美味しいことがわかりました。
日本の技術ってスゴイ☆ってことをハワイで改めて感じました♪

Q.4 食事で気を付けることは?
レース10日前~6日前までは、
たんぱく質を多めに摂取。鶏肉、まぐろなど。

レース5日前~当日までは、
カーボローディングが必要。
カーボローディングとは、
マラソンを走るために必要なエネルギーを事前にため込むことを
いう。カーボは、炭水化物のこと。
ごはん、うどん、パスタ、パンを普段の倍以上を目安に食べるようにしましょう。


ハワイ、ワイキキのクヒオ通りにあるうどん屋「丸亀製麺」は、レース前日、長蛇の列!
みんな考えることは一緒なのね~。
待つ時間よりも早めに休む時間をとりたい私たちは、うろちょろして、
「リンガーハット」の長崎ちゃんぽん⇒★を見つけて入ることに。
油っぽいものやお肉を食べると消化に時間もエネルギーもとられてしまうので、
それらの摂取は、控えめに。

Q.5ハワイに着いてトレーニングはしたの?
天海さん、紀平ともに走ることは、しませんでした。
ツアーで来ている日本人グループは、しっかりしていたようですが・・・。
ただ、レース前日、天海さんは、
1時間半かけてワイキキ~ダイヤモンドヘッドまで歩いて登頂してます!(スゴイ)⇒★
この歩きの差でレース当日のダメージも違ったかと思われます。
走ることは、しなくとも数キロは歩いた方がいいです。

二人三脚でホノルルマラソンをゴールした話③

前回までの道のり⇒★
*****  *****
魔の35キロを過ぎ、
次は、最後の難関2.5キロに渡って続くダイヤモンドヘッドの上り坂。

行きに通った道を戻ることになります。
「いやぁ~、ここ朝、通ったんだね~。」と感慨深くなりながら、
水と氷と冷たいスポンジを片手に進みます。
ずいぶん、この3つには助けられました。

「海、キレイだね~。」
ゴールまでの距離の方が短くなってきているので、
少しほっとし始めていました。

ゴールがあるピオラニ公園に入ってからゴールまでの直線距離が800メートル。
そこはとにかく走りたいという気持ちが
ふたりにはあって、共通意識。
じゃあ、41キロからゴールまで再び走ろう!
だけど、41キロから走ってゴールは、わたしは、厳しかった。
左の股関節が痛い・・・。
ストレッチしようにも支えようとする力がなくて、ふらつく。
IMAG1287.jpg

「42キロから走ろう」
それに天海さんが同意してくれて、
結局、42キロからゴールまで走り続けることになりました。
ゴールのあるカピオラニ公園。
PC087313.jpg
(この写真のみ当日撮影したものではありません)

脚がもうどうなっているのかわからなかったけど、
すでに走り終わった人達からの声援に元気をもらい、
無我夢中で走りました。

「あと少しあと少し」
そう思うと涙が出そうになりました。
なんて言っていいのでしょうか、あの感情は。
一緒にゴールできる喜び、嬉しさ、達成感、感動、もう終わってしまう寂しさ。
そういったものが入り混じりました。

そして一緒にゴール!!
ふたりでハイタッチして喜び、
お互いの頑張りを称えあいました。



完走Tシャツをもらって、ホテルのプールでパチリ。
無事です。

***** *****
今年1月にふたりでホノルルマラソンに挑戦しよう!と決めてから、
お互いそれぞれトレーニングしたり、
一緒にランニング合宿をしたりしてそれなりに準備してきました。
ふたりとも走ることが好きじゃないし、
得意でもないのに挑戦しました。

最初の頃は、電信柱と電信柱の間を走って、もう無理。というレベルでした。
でも、地道にやっているとそれが、
3キロ、5キロ、10キロと走れるようになってきました。
そして、最終的には42.195キロ。

目標もって準備して、支えあってやり切れたのは、
これからの人生において、とても意味のあるものとなりました。
こんな私達でも出来たんだっていうことをお伝え出来たらと思います。

応援して下さったみなみなさま、本当にありがとうございました!
心から感謝しています。

同じくレインボープロジェクトのメンバー、
望月知美さんは、私達の出発日に応援ブログを書いてくれていました。
こちらです⇒★
ありがとう!

ひとりでは達成できなかったことが、
ふたり、3人・・・何人ものの方々の支えによって
達成できることを身体で感じることが出来ました。

二人三脚でホノルルマラソンをゴールした話②

練習で12キロぐらい走ったのが最高だった私達。
ハーフを過ぎ、すでに未知の領域に入ってます。
ここまでのレポートは、こちら⇒★

*****  *****
目標ゴールタイムがおそらく4時間ぐらいの人達が
折り返してきています。
そんな人達を反対車線で見ながら、
ハイウェイをひたすら走り続けます。
上半身裸の男どもが集団でいたのも見ものでしたね。

「まだかなーまだかなー。」
「まだだね~。」

会話は、少なく必要なことだけを話すようになっていました。
「次の水のところでかばんのストラップ調整したい。」とか
「もうすぐ、23キロ。」とか
「エネルギーチャージ用のゼリー食べる。」とか。

ハイウェイがようやく終わり、ハワイカイドライブへ突入です。
折り返しポイント26キロ付近へもうすぐ。
暑さと疲れは、感じるもののふたりともまだ大丈夫だね、
ゴールは狙えそうだと確信していました。
2012ホノルルマラソン☆

身体を整え、

またさっき通ったハイウェイへ戻ります。。。



ほぼ歩く時間の方が長くなっていました。
あそこの信号から走ろうって決めて走りだすけど、
長い距離は、もたない。
ストレッチしようにも伸ばし方があれ?どうやるんだっけ?というぐらい
足の位置が定まりません。
この頃、わたしの方がダメージを受けていました。

物を落とした時、ふたりで拾おうと思っても、
しゃ、しゃ、しゃがめない・・・。

そして、どこがつらいんだか、つらくないんだかわからなくなるもんなんですね。
足もむくむし、手もむくみだしてます。
暑いし。
それでもひたすら前に歩を進めれば、進むもので、
35キロを過ぎました。

35キロ付近がつらくなる。
確かに言われている通りだと感じましたけど、
でも、ふたりで「35キロ~!!」って言いながら、
進みました。
こうやって励ましあえたのは、ものすごくパワーになりました。

引き続き、ひたすらゴールを目指します。
***** *****
プロフィール

レインボープロジェクト

Author:レインボープロジェクト
あなたをより健康で美しく元気にする講座やWS、イベント開催中!
心と身体のプロフェッショナルグループです☆

Twitterボタン

Twitter ID: RainbowPJT

メンバー紹介☆
Rainbow♪Project
コアメンバー
カテゴリ
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。